5Gに対する日本の動きとは?日本の方向性と海外のアクション

Japanese5G2

日本では5Gが始まったばかりですが、海外ではすでに多くの国で5Gの商用化が始まっています。

「日本の5Gに対する動きは?」
「海外では5Gに対してどのような取り組み方なのか?」

このような疑問にお答えするために、今回は世界に目を向けつつ、日本の5Gの実態を見ていきましょう。

「5Gってそもそもなに?」という人はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

5Gにおける日本の方向性

海外諸国ではすでに多くの国が5Gの商用利用をスタートしています。

一方で、日本の商用化開始は2020年なので、世界的に見れば早いスタートを切ったとはいえないでしょう。

しかし、5Gの存在意義を考えると、確かに「世界初の5G商用利用」であることや、「早い段階での商用利用」には、それほど意味はありません。

日本では「5Gをどのように活用するか」という本質的な部分において、他国より一歩抜きんでた形となっています。詳しく見ていきましょう。

日本の取り組みの歴史

日本は、2020年に開催予定だったオリンピック・パラリンピックに合わせて、5Gの商用化に熱を注いできました。

オリンピック・パラリンピック2020は現状延期という形となりましたが、5Gの商用化は予定通り、すでに始まっています。

<日本における5Gの歴史>
2015年に5Gにおける3大ビジョン(①高速大容量通信②超信頼・低遅延通信③多数同時接続)が世界標準として設定されると、日本でも5G技術の研究が進んでいきました。

2017年には、通信事業者がそれぞれで独自の取り組みを開始。

2019年に5G周波数の割り当てが行われると、国内3大キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は限定的なエリアにおいて、5G商用サービスを前倒しでスタートさせました。

ただ、前述の通り、5G商用化はすでに世界各国で始まっており、早いところでは2018年にはスタートしています。

では日本が遅れをとっているのか、というと、決してそうとは言い切れません。

5Gの活用可能性を見出すことで、他国を先導するポジションに

日本は5Gの世界初商用利用、あるいは早い段階での5G商用利用にはこだわっていませんでした。

日本は「5Gをいかに人々のライフスタイルに組み込んでいくか」という方向で注力していたのです。

5Gの存在意義は、実はそこにあります。

4Gによって、ある程度通信サービスにおける利用時の制限が解決しているのは事実です。

一定の場所や時間において通信速度が遅くなることはあるにせよ、現状の通信サービスを届けるという意味合いでは、不自由はありません。

通信事業者においては、通信インフラの新しい活用可能性を見出す必要があります。

一方で

高速大容量通信によって、エンターテインメント業界に革新が起こり

超信頼・低遅延通信によって自動運転が現実味を帯び

多数同時接続によって、スマートファクトリーが実現する

といったように、5Gは人々の生活をもう一つ上のステージへ上げることが可能です。

そこで日本は「5Gによって何ができるのか」という点に集中し、5Gの活用方法を見出すという部分で、世界をけん引するポジションについています。

具体的にいえば、通信事業者が企業とパートナーシップを組むことで5Gの可能性を発掘していますが、そちらはまた別記事でご案内します。

スポンサーリンク

「世界初の5G」を目指した国々

日本とはある意味対照的に、多くの国が5Gの世界初商用利用や、早い段階での商用利用を狙ってきました。最後に米韓の例を紹介していきます。

米韓はすでに、2018年に5Gの商用サービスを開始。2019年4月3日には、スマートフォン向けの5Gサービスもスタートしています。

あとを追うのが中国やヨーロッパ諸国、そのほかにはカタールも2018年5月から5G商用サービスを開始、中東や中央アジアも続きます。

5G簡易年表

米国の動き

米国の動きを見ていきましょう。

2018年10月、まず電気通信事業者トップキャリアのベライゾンが、「ベライゾン 5G Home」という、据え置き型の端末を用いた5G商用サービスを開始しました。

ベライゾン 5G Homeは回線工事を必要とせず、文字通りその場に置くだけで、無線LAN環境を作り出せる端末です。

ちょうど日本でも、ソフトバンクが「ソフトバンク エアー」という端末を提供していますが、これもベライゾン 5G Homeと同様のサービス形態となっています。(ソフトバンクエアーは現状5Gには対応していません)

2018年12月には、AT&Tというナンバー2の電気通信事業者キャリアが、モバイルルータによる世界標準の5Gをリリース(ベライゾン 5G Homeは世界標準の5Gではなく、独自設定によるサービスでした)。

そして2019年4月3日、モトローラのMotoZ³に限定された形で、スマホ向けの5Gサービスがいよいよリリースとなったのです。

<米国の動き>

2018.10~ ベライゾン「ベライゾン 5G Home」リリース
2018.12~ AT&T、モバイルルータによる世界標準の5Gサービスリリース
2019.4.3~ スマートフォン向け5Gサービスリリース

韓国の動き

韓国も、米国と同年同日である2019年4月3日にスマートフォン向け5Gサービスをリリースしています。

韓国の3大通信事業者
SKテレコム
KT
LGU+
が、そろってサムスンのGalaxy S10 5Gをリリースしたのが、スマホ向け5Gサービスのスタートです。

韓国の動き

2019.3.13 米ベライゾンが同年4月11日~スマートフォン向け5Gをスタートさせると宣言(韓KTは同年4月5日だった)
→急遽ベライゾンが前倒しで4月3日にサービスを開始
2019.4.3 韓国勢3社も合わせてスマートフォン向け5Gサービスを開始

ややベライゾンに振り回された感は否めませんが、時差に違いはあれど、韓国も「世界初の5G」であることに強い意義を抱いています。

今後は各国で5G活用方法を競うレースに

5Gにおいては、各国それぞれで思惑があり、動きが変わっています。

世界初にこだわった通信事業者が多いのは、やはり移動通信システムの変遷が、10年に一度の大イベントだからでしょう。

しかし、世界初の5Gがすでに始まっている以上、当然ながら今後は世界初にこだわる必要はありません。

これからは「どのようにして5Gを人々の生活に活かすか」の各国賞レースになると予想されるでしょう。

スポンサーリンク