「ブログネタがない…」を一瞬で解決する2大テクニックとは?

blog-neta

「ブログネタがない」
これは、ブログを始めたばかりの人が陥りやすい悩みです。

この悩みを解決する手段は、たった2つ。

・自分でネタを生み出すか
・読んでくれるようなネタを逆算するか

です。
ぜひ、どのようなブログを作りたいのかを今一度考えてから、以下を参考にしてください。

スポンサーリンク

①自分の経験をシリーズ化してブログを作成する

たとえば、当メディアでは2020年以降に観た・読んだ「映画」「」をそれぞれ紹介しています。この方法なら、映画や本が無くならない限り、半永久的に記事を生み出すことが可能です。

「経験のシリーズ化」例

・読んだ本、観た映画の紹介
・キャンプ地ロードマップ
・好きな料理の食べ歩きマップ
など…

主役となる題材を決めたら、その題材をシリーズ化していきます。自分の興味あることで始められるので、ストレスなく始められるメリットがあります。面白さを追求し、唯一無二のブログを作ることも可能です。

誰にも読まれない可能性も…

せっかくなら、書いた記事を多くの人に読んでほしいものです。しかし、「誰が書いたか」も重要視されるのがブログ。有名人が書いたならまだしも、無名の赤の他人が書いた記事に、興味がわかないという人は少なくありません。

②SEOキーワードからブログを作成する

初めからユーザーが興味あることを題材に記事を書けば、自然と読まれる可能性が高まります。

Webではありがたいことに、ユーザーが何に興味があるかを、ある程度予測することが可能です。予測の仕方を詳細に見ていきましょう。

大まかなテーマを決める

まずは、ブログの主題となるテーマを決めましょう。メインテーマとしてふさわしいような、検索ボリュームが大きいキーワードをビッグワードと呼びます。今回はビッグワードを「Webライティング」とします。

テーマと一緒に検索される可能性が高いキーワードを調べる

次に、ビッグワードと一緒に検索される可能性が高い言葉を調べます。一緒に検索される可能性が高い言葉を、サジェストキーワードと呼びます。

サジェストキーワードを調べるには

①検索窓にビッグワードを打ち込む(赤枠で囲まれている部分がサジェストキーワードです)

あるいは

関連キーワード取得ツールなどをつかうのも手です。

ネタを確定する

サジェストキーワードを検索したら、ブログのネタを確定します。以下に、サジェストキーワードからのブログタイトル例を作成してみました。

サジェストキーワードからのブログタイトル例

・Webライティングの能力検定とは?
・Webライティングに役立つ本7選
・Webライティング初心者が月5万円稼ぐ方法

など…

この方法であれば、ブログネタ切れを防ぎつつ、読者を集めることができます。

自分でネタを作るか、ネタを逆算するか

上記で挙げた方法のうち

①は「自分でネタを作る」
②は「ユーザーが知りたいネタを逆算する」

ことになります。

①は好きなことを発信できるためストレスフリーですが、誰にも読まれない可能性がある
②は読まれる可能性は高いが、自分の好きなことを発信できるかはネタ次第

といったメリット・デメリットがあります。

それぞれの特性を考えて、どちらが自分に向いているかを理解しましょう。あるいは、両方スタートさせるのもおすすめです。

スポンサーリンク