就職・転職者向けエンジニアの種類一覧表【かんたん解説つき】

エンジニアの種類一覧

ドラマやアニメ、マンガ、あるいはYouTuberに代表されるインフルエンサーなどでも、エンジニアという職種の人たちが登場することも多くなりました。

エンジニアって、どんな種類があるのでしょうか。どんな仕事内容なのでしょうか。

“ITエンジニア”と一括りにされてしまいがちですが、エンジニアにはたくさんの種類があり、仕事内容はもちろん、必要となる知識やスキルは大きく異なります。

この記事では、数あるエンジニアの種類から、代表的なものをいくつか紹介していきます。これからエンジニアを目指そうとしている人は、自身が携わりたい種類はどれなのかを確認していきましょう。

スポンサーリンク

開発エンジニア

開発エンジニアは、その名のとおり、システムやソフトウェアを設計・開発するエンジニアです。

開発するシステムやソフトウェアの違い、担当するポジションなどによって種類が分かれています。

システムエンジニア

SEの略称で知られるシステムエンジニアも、開発エンジニアに分類される職種です。

システムエンジニアは、システム導入・開発を行う際に必要な要件定義、設計書や仕様書を作成することを主な仕事内容としています。

プログラミングスキルやシステムに対する理解はもちろん、クライアントとの打ち合わせも頻繁に行うので、コミュニケーション能力や提案力なども求められます。

システムエンジニアは企業によって役割が異なることも多く、就業先によっては上流工程だけではなく、実際に手を動かしてシステム構築を行うこともあるのが特徴です。

プログラマー

エンジニアと聞くと、プログラミング言語を駆使してコードを書き、実際に開発を進めていく仕事をイメージされる人も多いのではないでしょうか?まさにその業務を行うのが、プログラマーです。

システムエンジニアをはじめとする、上流工程で作成された仕様書に基づいて作業するので、システム開発のなかでも花形的なポジションといえます。

使用するプログラミング言語は、開発するシステムやアプリケーションによって異なります。習得するプログラミング言語で悩む際には、開発したいものから選ぶのはもちろん、JavaやC言語のような、汎用性の高いものから選ぶのもよいでしょう。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアはAEと略されることもあり、業務用アプリやソフトウェアの設計・開発を行うのが主な仕事内容です。

システムエンジニア同様、基本的に要件定義や設計を行うので、開発の実務経験がないと、業務遂行は難しいでしょう。

企業によっては上流工程だけではなく、プログラマーの役割を兼任することもあるので、就職・転職する際には確認が必要です。

スポンサーリンク

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、infrastructure(基盤)の意味どおり、システムやソフトウェアが動作するための基盤を設計・構築するエンジニアです。

インフラエンジニアはほかのエンジニアの種類とは異なり、決められた規定のなかで設計構築をしていく特徴があり、保守・運用業務ではマニュアルが用意される場合も多いことから、未経験でも目指しやすい種類として知られています。

サーバエンジニア

サーバエンジニアは、サーバの設計・構築を行うエンジニアです。

サーバがダウンすると、業務やサービスが停止してしまうため、監視業務や不具合が発生した際の復旧作業などは欠かせません。また、最近では仮想環境を構築する機会も増えてきています。

開発エンジニアのように、プログラミング言語を使用することはありませんが、LinuxをはじめとするOSの知識や、シェルスクリプトを書けるスキルなどが求められます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークに関連する設計・構築を主に行うエンジニアです。

ルータやスイッチといった、ネットワークに必要な機器の設定はもちろん、不具合に備えて保守・運用などの業務も行います。

目に見えない部分を担当するエンジニアですが、通信は現代において欠かすことができない重要な存在です。縁の下の力持ち的な存在だといえます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、あるルールに則ってデータを格納するデータベース(データを保管する箱のようなイメージ)の、設計や開発、運用保守などをするエンジニアです。

ほとんどの場合、データベースはアプリケーションと連携して活用されます。そのため、SEがデータベースに関するスキルを習得し、一緒くたに運用保守するケースも少なくありません。

Webエンジニア

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションなど、Webに関連する設計・開発を行うエンジニアです。

インターネットに接続するだけで使用できるWebサイトやサービスは、現代では欠かせません。そのため、Webエンジニアは需要の高い職種のひとつです。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、主にユーザーが操作する画面の表側(フロント)を設計・開発するエンジニアです。

HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語を主に使用します。HTMLやCSSに関しては、PCのメモ帳(エディタ)などさえあれば練習できることから、HTMLでのコーディングに特化した“マークアップエンジニア”を目指す人も多いです。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアとは対照的に、ユーザーが見えない裏部分の設計・構築を行うエンジニアです。

フロントエンドエンジニアのように、構築したものが目に見える形で残らないものの、ユーザーが操作した内容に応じて処理を行わせる重要な役割を担っています。

たとえば、ユーザーがキーワードを入力して検索ボタンをクリックすると、検索結果が表示されるのも、バックエンドエンジニアがいるからこそ実現しています。

AWSのようなクラウド技術が普及してきたことで、仕事内容に変化が表れているものの、需要の高いエンジニアのひとつです。

スポンサーリンク

まだまだある!エンジニアの種類

ここまで代表的なエンジニアの種類について紹介してきましたが、そのほかにもさまざまなエンジニアが存在します。

耳にする機会の多いエンジニアについて、いくつか紹介していきます。

AIエンジニア

AIエンジニアは、AIの設計・構築、データ分析を主に行うエンジニアです。

AIはビジネスシーンだけではなく、自動車やスマートフォンなど、日用品にも実装されるほど社会に浸透しています。今後もますますAI技術の発展が見込まれることから、AIエンジニアは将来性が非常に高いエンジニア職種のひとつでもあります。

プログラミング以外に、数学やデータベース、分析力など多くのスキルが求められるため、難易度は高いですが、その分高収入を目指せるのも特徴です。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、文字どおりセキュリティ関連の仕事をするエンジニアです。

顧客情報や企業の機密情報の漏えいを防ぐほか、日々進化するサイバー攻撃の対策を行うなど、重要な役割を担っています。

昨今では、クラウドサービスの普及やリモートワークの増加によって、従来のセキュリティの考え方からゼロトラストが主流になりつつあり、需要も拡大しています。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、昨今トレンドとなっているクラウドに関する構築や運用を行うエンジニアです。

クラウド技術の発展はすさまじく、インフラエンジニアのなかでも需要が急速に高まっています。

これからクラウドエンジニアを目指すのであれば、クラウドサービス全体の知識やスキルはもちろん、シェア率の高いAWSやAzureなどについて深く学んでおくと、重宝される人材となるでしょう。

エンジニアの種類の数だけ、夢が広がっている

エンジニアの種類は非常に多く、今回紹介した以外にも、まだまだ存在します。種類によって仕事内容が違うのはもちろん、必要なスキルや知識も異なります。

これからエンジニアを目指す人は、自身がどのエンジニアになりたいのかを、将来性や収入の高さ、仕事のやりがいや携われるシステムといった基準から選びましょう。

そしてなにより、自分自身に「どんなことを成し遂げるエンジニアになりたいのか」を問いかけ、目標とするエンジニアのタイプを選びましょう。