ひらく漢字一覧表

hiraku-kanji

me

ひらくべき漢字を一覧にしてまとめました。ぜひ文章に活用してください。

※漢字には、ひらがなにして書いたほうが読みやすくなるものがあります。漢字をひらがなに直すことを、漢字を「ひらく」といいます。

スポンサーリンク

ひらく漢字一覧表

※品詞欄は代=代名詞、連体=連体詞、接=接続詞、副=副詞、動=動詞、助=助詞、助動・補用=助動詞・補助用言、形名=形式名詞、形動=形容動詞を表しています。

あ行

【あ】

漢字読み品詞例文
敢えてあえてあえて物申します。「カレーはシンプルなほうがいい」と。
飽くまであくまであくまであなたは「カレーは具材少なめのほうがいい」というのですね。
(~して)上げる(~して)あげる助動・補用ならば、今回のカレーは具材一品で勝負してあげましょう。
彼処あそこあそこでお待ちください。
彼方あちら、あっちあちらからカレーが配膳されます。
貴方あなたあなたの注文はシンプルで難しい。
余りあまりあまりわたしを困らせないでください。
予めあらかじめあらかじめ用意しておいたメニューは通用しないというのですね。
凡ゆるあらゆる連体あらゆる常識も通用しない。
有り得るありうるカレーのスペシャリストでも困ることはありうる。
或るある連体しかし、ある食材があれば
(~で)有る(~で)ある助動・補用あなたをうならすことも可能である。
或いはあるいは接続あるいは、まったく新しい体験をさせることもできる。
彼れあれあれをご覧ください。あれが今回使う、たった一つの食材です。
併せてあわせて「あれをどう調理するのか」という疑問には、あわせて、この調理器具も紹介しておかなければなりませんね。

【い】

漢字読み品詞例文
(~と)言う(~と)いう助動・補用ジョン・レノンの生まれ変わりという人に出会った。
如何にいかにいかにその人があやしいかは、言うまでもない。
(~して)行く(~して)いく助動・補用この人についていくには、強い精神力が必要だ。
幾ついくついくつあっても足りないかもしれない。
~頂く(戴く)~いただく助動・補用帰っていただくことにした。
一々いちいちいちいち突っかかってくる。
一旦いったんやはり、いったん帰っていただくことにした。
(~して)居る(~して)いる助動・補用それでもまだ「おれはジョン・レノンの生まれ変わりだ!」といい続けている。
色々いろいろいろいろ怖い。
所謂いわゆる連体この人にも、いわゆるオノヨーコ的な人が見つかるといいなあ。

【う】

漢字読み品詞例文
うえ形名そのうえで、言わせてください。
うち形名「一生のうちにいくつもチャンスは隠れている」と。

【お】

漢字読み品詞例文
(~して)置く(~して)おく助動・補用とりあえずここで二手に分かれておこう。
及びおよびくれぐれも、そちらからはメールおよび電話はしないでくれ。
おれおれから連絡する。

か行

【か】

漢字読み品詞例文
却ってかえってかえって好きに演奏したほうが、楽しいものだよ。
(~し)難い(~し)がたい形動そこには、経験しがたいドラマが生まれるはずだ。
且つかつかつ、きみのプレイに心動かされる人も出てくるだろう。

【き】

漢字読み品詞例文
きみ「月がきれいですね」といったら、きみはどうするだろうか。

【く】

漢字読み品詞例文
下さいください助動・補用まずは準備体操から始めてください。
くらい「少しくらい…」とバカにしていてはいけません。
(~して、やって)来る(~して、やって)くる助動・補用筋肉痛は突然やってくるのです。

【こ(ご)】

漢字読み品詞例文
此処ここここがぼくの家です。
此方こちら、こっちこちらはぼくの奥さんです。
こと形名、助ささいなことで喧嘩するけれど、仲よくやっています。
ごと形名月日が経つごとに、感謝の気持ちも増していきます。
如くごとく助動・補用ときには、烈火のごとく怒られますが。
此のこの連体でも、そんなときには、この手紙が二人の仲を取り繕ってくれます。
此れこれこれが、夫婦円満の秘訣です。

さ行

【さ】

漢字読み品詞例文
先程さきほどさきほどはありがとうございました。
流石さすがさすが「ミスタープレゼンター」です。
様々さまざま形動わたしたちの会社もこれから先、まだまださまざまな困難があるでしょう。
更にさらにしかし、これからさらに結束を固めて立ち向かっていけそうです。 

【し(じ)】

漢字読み品詞例文
然ししかししかし、きみの文章はわかりやすいね。
然もしかもしかも、感動をよぶ文章でもある。
直にじきにじきに、出版社からお声がかかるんじゃないか?
従ってしたがっていや、間違いなく連絡がくるだろう。したがって、小ぎれいなスーツとかも用意しておいたほうがいいよ。
(~かも)知れない(~かも)しれない助動・補用授賞式なんてのもあるかもしれないからね。

【す(ず)】

漢字読み品詞例文
(~に)過ぎない(~に)すぎない助動・補用それは勝手な妄想にすぎないよ。
ずつほら、少しずつ晴れているだろう。
既にすでにすでに新宿は快晴だそうだ。
即ちすなわちすなわち、きみが雨男だという根拠はどこにもない。
全てすべてすべてきみの考えすぎさ。

【せ(ぜ)】

漢字読み品詞例文
折角せっかくせっかく来てくれたんだ。
是非ぜひぜひぼくの「宇宙がもしも、一つの目玉焼きだったなら」展を最後まで楽しんでおくれ。

【そ】

漢字読み品詞例文
~相だ(です)~そうだ(です)助動・補用今日は、あちらの彼がハンバーグを食べたいそうだね。
其処そこそこで、きみには助手を頼みたい。
其方そちら、そっちさっそくだが、そっちにある塩をとってくれないか?
其のその連体その青いふたの容器に入っているから。
其れそれそれは砂糖だ。気をつけてくれ。
其れともそれともそれとも、甘いハンバーグがお望みか?
其様そんな連体そんなことは許さないぞ。

た行

【た】

漢字読み品詞例文
大分だいぶだいぶお腹周りもシュッとしてきた。
沢山たくさんたくさん腹筋したからな。
但しただしただし、油断は禁物だ。
立ち所にたちどころに油断すれば、たちどころにお腹なんてリバウンドだ。
たび形名ダイエットするたびに失敗してきたけれど、今回は絶対に失敗できない。
ためきみにもう一度思いを伝えるために。
だれだれもぼくをポテチパーティーに誘わないでくれ!

【つ】

漢字読み品詞例文
(~に)付き(~に)つきひとりにつき、5万円のパンダ見学料をいただいております。

【て】

漢字読み品詞例文
出来るできる(今ならできるかもしれない…)「ゴムゴムの…!!!」

【と(ど)】

漢字読み品詞例文
(~の)通り(~の)とおり形名見てのとおり、外は雨模様。
とき形名こんなときは、家にいるのが一番さ。
何処どこどこにいっても疲れるだけだ。
ところ形名、助ちょうど眠くなってきたところだし、ひと眠りしよう。
所がところがところが、そんなときに限ってチャイムが鳴るんだよ。宅急便かな。
所でところでところで、ぼくの印鑑を知らないか?
何方どなた、どちら、どっちどっちの箱にしまったんだっけな…
共にともに印鑑とともに、代引き料金もしまったはずだ…今日は部屋の片づけで忙しくなりそうだな…

な行

【な】

漢字読み品詞例文
(~し、~で)無い(~し、~で)ない助動・補用息抜きはしたほうがいい、むしろしないといけないといっても過言ではない。
乃至ないしスポーツないしゲーム、料理、友達と遊ぶ、発散方法はいくらでもある。
なおなお、ひとりでやってもいいし、誰かと共有してもいい。
ながら楽しみながらやることが一番だ。
何故なぜ社会に出ると、ときにはなぜか理不尽に怒られることもある。
など傷つけられることなども少なくない。
なになにがあっても救ってくれるような、息抜きが必要だ。
並びにならびに紳士ならびに淑女、子どもから大人まで、誰でも同じことがいえる。
(~に)成る(~に)なる助動・補用息抜きは、きっとあなたの糧になる。

は行

【は】

漢字読み品詞例文
許りばかりこの言い回しばかりは譲れない。
甚だ(しい)はなはだ(しい)副(形容)きみがこの文章にそこまでこだわるのは、はなはだ疑問だよ。

【ほ】

漢字読み品詞例文
(~の)方(~の)ほう形名さっきの靴のほうがよかったかな…
他(外)ほか形名思いのほか、サイズが小さい。
細々ほそぼそほそぼそとした控えめなデザインは逆に引かれるんだけど。
殆どほとんどほとんどサイズは変わらないのにな。
本の
(わずかのという意)
ほんの連体0.5cmという、ほんのわずかな差がこれほどの履き心地の違いを生むなんて。

ま行

【ま】

漢字読み品詞例文
またまた、こちらのフリースペースをご利用いただくことも可能です。
全くまったくまったく問題ありません。
まで時間まで、ゆっくりしていってください。

【み】

漢字読み品詞例文
(~して、と)見る(~して、と)みる助動・補用まずは人に披露してみることも大切だよ。
みんな(みな)みんな最初は初心者だ。

【め】

漢字読み品詞例文
滅法めっぽうネコにすりすりされるとめっぽう弱い。

【も】

漢字読み品詞例文
若しくはもしくはもしくは、こちらの商品はいかがでしょうか?
以てもってこの商品をもってすれば、肩こりや腰痛とはオサラバです。
下、元、基もと形名腰痛治し名人のヨウ・ツウ監修のもと、この商品は生まれました。
元々もともともともと、ヨウ・ツウもひどい腰痛に悩まされていたのです。
物、者もの形名ガンコものの腰痛や肩こりにお悩みのかたは、こちらの商品をぜひお試しください。

や行

【よ】

漢字読み品詞例文
良いよい(いい)形容 いい作品は、人の心を震わせる。
~様だ(です)~ようだ(です)助動・補用彼の作品も、例外ではないようだ。
因ってよってよって、彼の作品は
(~と)呼ぶ(~と)よぶ老若男女問わず、人気をよんでいる。

わ行

【わ】

漢字読み品詞例文
分かるわかる今わかった気がする。
我がわが連体「わが道をゆく」スタイルだったけれど
わけ形名それでは通用しないわけだ。
わたしわたしを救ってくれる人はたくさんいる。

そのほかのひらがなにすべき言葉

ひらくべき漢字以外に、ひらがなにして書いたほうが見やすい言葉があります。

感動詞

ああ
あら
いや
おや
そら
まあ
ありがとう
ウワーッ
ハハハ など

※強調するときなど、場合によってはカタカナを使うのもあり。

漢字本来の意味がずれて使われる言葉

幸せ一杯→幸せいっぱい など

当て字

御座います→ございます
地団太→じだんだ
素破抜く→すっぱぬく
一寸→ちょっと
流行り→はやり
相応しい→ふさわしい
無茶苦茶、滅茶苦茶→むちゃくちゃ、めちゃくちゃ
目出度い→めでたい
腕白→わんぱく など

擬態語

うっとり
うとうと
がっかり
ガラガラ
ぎくしゃく
ぐっすり
こそこそ
ごたごた
さっぱり
さめざめ
じたばた
じめじめ
ズキズキ
スース―
ちぐはぐ
どぎまぎ
ニョロニョロ
ぬくぬく
のらりくらり
びくびく
ふわふわ
べたべた
ぺろぺろ など

ニュアンスを出したいときなどは、カタカナでもよい。

逆に漢字にすべき言葉

逆に漢字にしたほうが、見やすくなる言葉もあります。

実質名詞

住んでいたところ→住んでいた所 など
ことによっては→事によっては など

形式名詞が実質的な意味をもって使われる場合、漢字にしても問題ありません。

訓読みする副詞で、漢字を使ったほうが意味が分かりやすい言葉

青々と(あおあおと)
重ねて(かさねて)
幸いに(さいわいに)
奮って(ふるって)
夢にも(ゆめにも) など

音読みする副詞

案外(あんがい)
皆目(かいもく)
早速(さっそく)
非常に(ひじょうに)
無性に(むしょうに) など

漢字の「ひらく」「とじる」に正解はない

今回、一般社団法人共同通信社が発行する『記者ハンドブック』を参考にしています。

ひらく漢字以外にも、同音異義語の使いわけや、送り仮名のつけ方などを網羅的に記した、広報担当者やWebライターといった文章を書く人に欠かせない一冊です。まだ持っていない人は、ぜひこの機会に手に入れてください。

「絶対にひらがな、あるいは漢字にしなければならない」というルールは存在しません。

自分が表現したいリズムやニュアンス、感情などにしたがって、適切な表現で書きわけていきましょう。