文系からITエンジニアへ~目指し方や理系との違いとは~

コードをカタカタと打って、数学の知識を使ってあんな公式やこんな関数を使って…文系出身じゃITエンジニアの仕事ってできそうにないんじゃ…」

専門性が高いITエンジニアに対して、理系のイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

大学や専門学校で専門的にITを学んできた人の方が、知識やスキルも高く、就職・転職先の選択肢も豊富です。

しかし、文系出身であっても、ITエンジニアを目指せます。むしろ、文系ならではの強みを活かせる機会も多くあります。

この記事では、文系出身でもITエンジニアを目指せる理由から方法までわかりやすく解説していきます。これからITエンジニアを目指す文系出身者は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

文系出身でもITエンジニアになれる理由

理系出身が就職するイメージが強いエンジニアですが、なぜ文系出身であってもITエンジニアを目指せるのでしょうか。

ここでは、文系出身であってもITエンジニアになれる理由について解説していきます。

全体としてIT人材が不足している

昨今、少子高齢化問題によって就業人口は減少傾向にありますが、経済産業省がIT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果にて公表しているように、IT人材は2030年までに79万人不足するといわれています。

各企業では人材確保の動きが活発化しており、売り手市場であるため、文系理系問わず未経験者の採用が積極的に行われています。

文系向きの業務も多数ある

上記経済産業省資料内では、求められる人材として「新事業開発・事業創造人材」「営業系人材」「プロジェクトマネジャー」が上位に上がっています。

ITエンジニアと聞くと、難しい数式やプログラミングを行うイメージが先行してしまいがちですが、これらの人材はコミュニケーション能力やプレゼン能力、折衝能力、発想力が必要です。

また、システム開発の現場では、クライアントの要求をシステムに落とし込むことや、検証作業で不具合があれば、その原因解明や分析が重要です。つまり、文系が力を発揮しやすい論理的思考力が求められます。

実は文系出身者は多い

エンジニアには、実は文系出身者の数も多く、IPAのIT人材白書によると、全体の30%が文系出身者であると公表されています。

プログラミングをするうえで関数をはじめとする数式を使用することもありますが、プログラミング言語はコンピューターに指示を出すためのもので、使用する言語によって書き方が決まっています。

見方を変えれば外国語を学ぶのと同じと考えると、学習の際の意識も変えられるでしょう。

文系出身がエンジニアに就職するうえで気をつけること

ここでは、文系出身者がエンジニア就職する際に気をつけることを紹介します。

具体的な仕事内容や業務スケジュール感などを把握しておく

仕事内容は、携わるプロジェクトやポジションによって大きく異なります。たとえば、プログラマーであれば開発スケジュールに沿って、設計書に基づき終日コードを書き続けることもあれば、合間に打ち合わせや会議を行うこともあります。開発が進めば、単体テストや結合テスト、総合テストを行う日もあるでしょう。

インフラエンジニアで、保守監視の業務を担当するのであれば、24時間システムが問題なく稼働していることを監視しなければならないので、夜勤や土日祝日の勤務も発生します。

エンジニアは職種や担当業務によって働き方がまったく違うので、就職する際には面接などでかならず業務スケジュールを確認しましょう。

適性や向いている性格を知る

エンジニアの適性や向いている性格として「論理的思考が得意」「トライ&エラーが苦にならない」「変化に柔軟な対応ができる」などがよく挙げられていますが、エンジニアを目指そうという気持ちが強いと「自分に当てはまっている気がする」とこじつけてしまう人も少なくありません。

向き不向きを確かめるには、ITパスポートや基本情報技術者試験のようなIT知識を網羅的に学べる資格で学習してみることも方法のひとつです。「IPアドレスの計算がわからない」「プログラミングの思考法が理解できない」など、自分が苦手な部分が見えてくるためです。

また、学習で得た知識から実際にシステムやツールの構築を行うことで、エンジニアの一連の仕事を経験できるので、それらから向き不向きを確認するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

理系出身者と待遇に違いはあるのか

中途入社(転職)の場合、基本的にこれまでの社会人経験が問われるので、文系理系について問われることは少ないです。

しかし、新卒の場合には、募集要項に「理系出身者であること」を条件としていることがあるので、就職先の選択肢が少なくなります。また、待遇面ではプログラミングスキルの有無によって初任給が異なることもあるので、プログラミング経験者よりも報酬が劣ることもあるでしょう。

ただし、ITエンジニアはスキルや実績が評価される職種であるため、経験を積んでいくことで報酬差はなくなっていくので、文系出身であっても心配する必要はありません。

文系出身者がITエンジニアになる方法

ここからは、文系出身者がITエンジニアになるための具体的な方法を紹介していきます。

基礎知識を身に付ける

ITエンジニアは、その種類によって使用するプログラミング言語が異なりますが、共通している知識やスキルなども数多くあります。

こうした基礎知識の習得には、ITパスポートや基本情報技術者試験などが網羅的に学べるのでおすすめです。特に基本情報技術者試験は取得を推奨している企業も多いので、取得していれば、就職・転職活動の場でもアピール材料になるでしょう。

未経験歓迎求人を狙う

単に未経験者でも応募可能としている求人を狙うのではなく、入社後研修をはじめ教育制度が整っているかにも注目しましょう。

研修の有無について確認する際は、求人情報や企業のホームページはもちろん、Web検索で口コミや評判を確認するのもおすすめです。

プログラミングスクールに通う

費用はかかりますが、効率よくスキルや知識を身に付けたい人におすすめなのが、プログラミングスクールに通う方法です。

プログラミングは独学でも学べますが、未経験者の場合、プログラミングをするための環境構築からつまずいてしまうことも珍しくありません。また、わからないところがあっても、自身で調べなければならないので、その分時間や労力もかかります。

ITエンジニアは、自身で調べる能力も必要であるため、これらは決して無駄ではありません。ただし、社会人が転職する際には在職中に転職活動することが多く、プログラミングスキルの習得まで時間を割くことが難しい人もいるでしょう。

プログラミングスクールのなかには、就職・転職までサポートしてくれるものもあるので、スキル習得と就職を効率的に進めたい人は、これらを利用することも選択肢に入れるといいでしょう。

個人でプログラミングを行ってみる

参考書や資格取得の学習で知識を身に付けることも大切ですが、実際にプログラミングを行ってみることも重要です。

これは座学の定着にも役立ちます。システムやツール開発を行うために仕様や設計を考えたり、環境構築やプログラミングを行ったりすることで、ITエンジニアとして仕事の一連の流れを理解するにも有用です。

また、Web系エンジニアのようなクリエイティブ色が強い職種への就職・転職活動では、ポートフォリオの提出を求められることも多いので、これらの職種を目指す人は採用選考を意識しながら作成しましょう。

ポートフォリオの作成に苦戦する人は、プログラミングスクールの利用も検討してみてもいいでしょう。プロ目線からのアドバイスにより、質の高いものが作成できるので、就職・転職も有利に進められます。

スポンサーリンク

文系出身でもITエンジニアを目指せる

理系のイメージが強いITエンジニアですが、論理的思考力やコミュニケーション能力、プログラミング言語が外国語の習得と似ているなどのことから、文系でも十分目指せる職種です。

新卒の就職活動では、理系出身であることを条件としている求人や、プログラミングスキルの有無によって待遇が異なることもありますが、仕事をしていくなかでスキルや実績を積み上げていくと、その差は次第になくなっていきます。

ITエンジニアは、実力が評価されやすい職種でもあるので、文系出身であることを負い目に感じず、就職・転職の成功を目指していきましょう。