【ライター用】納期を守るためのスケジュールアプリ4選

scheduleApp

ライターには当然「納期」が存在します。納期内に収めるのはもちろんとしても、できるだけ早く納品して、クライアントと良好な関係を築きたいと思うライターは多いのではないでしょうか。

今回は、スケジュール管理に活用したい無料スケジュールアプリ4選

・特徴
・メリット
・デメリット

の観点から分かりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

①Googleカレンダー

Googleサービスとの連携でより使いやすく

Googlecalendar
  • 特徴

言わずとしれたGoogle公式のカレンダーアプリ。僕は仕事用で使用しています。

「Gmail」や「Googleマップ」など、各種Googleサービスと連携をすることで、メールから予定を組んだり、行先をマップで表示したりすることもできます。

また、Googleの会議アプリ「Hangouts」をダウンロードしておけば、ゲストを追加して簡単にオンラインミーティングも開催可能です。

  • メリット

・Google各種サービスとの連携が容易
・予定の共有も「ゲストを追加」項目から簡単にできる
・ドラッグ&ドロップで予定を簡単に移動できる(ドラッグ&ドロップで予定変更できるアプリは実は少ないです)

  • デメリット

・デザインが淡泊

ダウンロード

iphoneはこちら
Androidはこちら

②Ucカレンダー

もっともスタンダードなカレンダーアプリ

Uccalendar
  • 特徴

カレンダーアプリに必要な機能は一通りそろっていながらも、デザインはシンプルで余計なものがありません。こちらはプライベート用に使用しています。

無料でほとんどの機能を利用可能で、App内課金こそあるものの

・カレンダーリスト並び替え機能
・定型イベント並び替え機能
・広告の非表示

ができるようになる程度で、無料版でもストレスなく利用できます。

  • メリット

・シンプルで分かりやすいデザイン性
・無料でほぼすべての機能を使える
・カレンダーカテゴリーを無制限で追加可能

  • デメリット

・カレンダー共有ができない

ダウンロード

iphoneはこちら
Androidはこちら

③TimeTree

カレンダー共有ならTimeTree

timetree
  • 特徴

職場、家族、友達など、それぞれのグループで共有のカレンダーを作成できるアプリです。

一目で共有相手の予定が分かるので、同じグループ内でスケジュールの調整がしやすくなるのがTimeTreeの良いところです。案件の調整やプライベートの予定とのすり合わせにはもってこいでしょう。

  • メリット

・グループごとにカレンダーを共有できる
ブラウザからでも確認できる
・カレンダーを共有していない相手にも、LINEで個別に共有できる

  • デメリット

・グループを分けすぎると管理が大変

ダウンロード

iphoneはこちら
Androidはこちら

④Lifebear

スタンプや着せ替えで優れたデザイン性を楽しむ

Lifebear
  • 特徴

スタンプや着せ替えなどで、よりカラフルにデザイン性に富んだカレンダーを楽しめるのがLifebearです。「カレンダーをもっとポップにしたい!」という人はぜひ使ってみてください。

  • メリット

・豊富なスタンプと着せ替え
ブラウザからでも確認できる
・日記機能など、+αな機能が多い

  • デメリット

ポップよりのデザインなので、使う人を選ぶ可能性がある

ダウンロード

iphoneはこちら
Androidはこちら

自分にぴったりのスケジュール管理アプリは見つけられたでしょうか。

スケジュール管理は効率良く業務を進めるためには欠かせません。上記の無料アプリをうまく使って、適切なスケジュールを組み立てていきましょう。

スポンサーリンク