「SESはやめとけ」は本当?未経験者にこそおすすめの理由とは

SES

ITエンジニアの未経験歓迎求人を探すと、必ずといっても過言ではないほど、SES会社の求人を目にします。これまでIT業界で働いたことがない場合、SESという働き方のイメージが湧かない人もいるでしょう。

この記事では、SESという働き方から、未経験者にSESをおすすめする理由や注意点について解説していきます。SESにおけるキャリアパスについても紹介していくので、未経験からITエンジニアを目指そうとしている人は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

SESはどんな働き方?

就職・転職をする際、勤務地や勤務時間は重要な要素ですが、エンジニアの求人情報を見ると「参画プロジェクトによる」といった言葉をよく目にします。このような求人は、SES企業の求人であることが多いです。 

SESとは、システム開発における委託契約のひとつで、技術力(ITエンジニア)を提供する契約のことです。SES企業の社員として働くITエンジニアは、クライアントとなる他社のプロジェクトに参画して働きます。

自社ではなくクライアント企業に常駐して働くことが多いため、参画プロジェクトによって勤務地や就業時間が異なります。そのため、求人情報も前述のように記載されます。派遣とは異なり、SES企業に所属しているので、案件に参画していなくても月々の給料や各種保険をはじめとする福利厚生を心配する必要はありません。

未経験者にSES企業をおすすめする理由

わざわざ他社のプロジェクトに参画し、他社に常駐する働き方が、なぜ未経験者におすすめなのか、疑問に感じる人もいるでしょう。ここでは、未経験からITエンジニアを目指す人に、SES企業をおすすめする3つの理由を解説していきます。

未経験者歓迎求人が多い

SES企業の求人で未経験者歓迎が多い理由としては、SES企業の利益の上げ方が大きく影響しています。

SESでは、ITエンジニアをクライアント企業に提供する際に契約を締結しますが、ITエンジニアによって「月単価いくら」といったように、提供するスキルや人数で利益を得ています。つまり、多くのITエンジニアをプロジェクトに参画させるほど、SES企業の利益になるということです。より多くの人材を確保する必要があるSES企業では、未経験者でも積極的に採用している企業が多い、ということです。

さまざまな案件に参画できるので実務経験が積みやすい

SESエンジニアは、定められた期間中に所属企業からアサインされたプロジェクトへ参画し、満期を迎えたら次のプロジェクトへ参画するといったように、案件を渡り歩くように働きます。

ITエンジニアはスキルや実務経験で評価を得るほど、高い報酬が得られやすい職種のため、経験値を積みやすい環境にいるほど、報酬アップの可能性が広がります。そのため、未経験者こそ、経験の積みやすいSES企業に就職するのは得だといえるでしょう。

また、就職・転職するのが難しい大手や有名企業の案件にも参画することができるので、仕事の進め方をはじめ、数多くのノウハウを学べることも魅力の一つです。あるいは、人脈も作りやすいので、キャリアパスの幅も広げられます。

教育制度が整っている

未経験者を広く募集しているSES企業では、入社後研修をはじめとする教育制度が整っているケースも多いです。SES企業はクライアント企業にITエンジニアを提供することで利益を得ていますが、最低限のスキルや知識がなければプロジェクトに参画させることができないためです。

 

プロジェクト参画していないSESエンジニアに対しても給料は支払われるので、企業はこうした待機コストを発生させないためにもきちんと教育をしてくれます。

SES企業で働く前に知っておきたいこと

必ずしも希望する案件に参画できるとは限らない

さまざまな実務経験を積むことができ、思い描くキャリアパスに合わせて参画する案件を選べることが魅力的なSESですが、必ずしも希望する案件に参画できるとは限らないことに注意が必要です。参画できない理由には、以下が挙げられます。

・タイミングが合わず、参画希望したい案件がない

・スキルが足りない

・所属している企業では希望するような案件の取り扱いがない

・担当営業のエンジニアに対する理解が足りない

上記は一例ですが、現在参画している案件が満期を迎えるタイミングで希望する案件がなかったり、そもそも自身のスキルが足りてなかったりして案件に参画できないことは少なくありません。その際には、案件の担当営業に希望を伝え、参画案件のスケジュール調整やキャリアパスに相談するようにしましょう。

また、担当営業がエンジニアに対して理解がなく、とにかく案件に参画させることしか考えていないこともあります。このような担当者に当たってしまった場合には、上長に相談して改善を要求することも必要です。

取り扱い案件については、求人情報や企業のホームページに、得意領域・取引実績が掲載されているので、就職・転職をする前に必ず確認しましょう。

研修期間中にアサインされることもあり得る

SES企業が未経験者に対して教育をしてくれるのは、案件参画できる最低限のレベルに引き上げるためです。運用や監視、手順書に沿ったテスト作業のようなロースキル案件があれば、研修を切り上げて案件にアサインされることも珍しくありません。

早々に実務ができることはメリットである一方で、基礎力に自信がない人は、自身で学習を継続するといった努力も必要になるでしょう。場合によっては、長期間ロースキル案件のみの対応になってしまうので注意が必要です。

勤務先は参画案件によって変動する

SESはクライアント企業に常駐して働くことになるので、勤務先も参画案件によって変動します。「前の案件は通勤時間30分だったのに今度は1時間かかる」「乗換回数が増えて大変」といったことも往々にして起こり得ます。

特にスキルが低く、案件を自由に選べるような立場ではない場合、案件参画を優先されるので、就職・転職できたことに安心せず、積極的にスキルアップを目指していきましょう。

スポンサーリンク

SESからのキャリアパス

上流工程を目指す

未経験者は、運用・監視、テストなどのロースキル案件からITエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることが多いですが、スキルを身につけることでプログラミングを行ったり、要件定義や設計書を作成したりするなど上流工程も目指せます。

基本的に、上流工程を担当できる人材ほど月単価も高くなるので、その分収入もアップしていきます。いわゆるスペシャリストと呼ばれるキャリアに相当するので、将来的にも現場に立ち続けたい人は、積極的にスペシャリストを目指しましょう。

自社内勤務の部署に異動する

SESエンジニアのキャリアは現場だけではなく、自社内勤務も選択肢として用意されています。たとえば、新人の教育担当や社内SE、採用担当などさまざまなポジションがあります。また、管理職のような役職を目指すことも可能です。

こちらはジェネラリストと呼ばれるキャリアで、ITエンジニアのスキルだけではなく、マネジメントスキルも必須です。

自社開発企業への転職

SES企業から自社開発企業へ転職することも選択肢のひとつです。自社で製品やサービスを開発しているので、SESのようにさまざまな企業を渡り歩くことはなく、物理的に安定した働き方ができます。

 

また、開発するだけでなく、自社の製品・サービスの売れ行きや評価まで意識することになるので、SESとは違ったやりがいを感じられるでしょう。

フリーランスに転身

SESエンジニアとして培った知識やスキルを活かして、フリーランスへの転身もできます。企業に所属していないので基本給はなく、案件を獲得できなければ収入が得られませんが、企業が仲介に入っていない分、月単価報酬がダイレクトに収入に反映されるので、大幅な年収アップが見込めます。

参画する案件も自身で選べるので、時間や場所にとらわれず自由に働けるのも魅力といえるでしょう。いきなりフリーランスになることに抵抗がある人は、副業から始めて、個人で稼ぐ感覚を養ってから転身を検討することもおすすめです。

スポンサーリンク

未経験者はSES企業が狙い目

未経験からITエンジニアを目指す際には、SES企業が就職・転職しやすいのでおすすめです。SES企業は、クライアント企業に技術力提供という形でITエンジニアを常駐させることで利益を得ており、常駐させる人材が増えれば、その分利益も増収となる背景があるからです。

 未経験者であっても積極的に採用を行っており、案件参画できるよう最低限の知識やスキルを教育してもらえるので、ITエンジニアとして働き始めやすいといえるでしょう。未経験からITエンジニアを目指す人や、就職・転職先選びに悩んでいる人は本記事を参考に、ぜひSES企業を選択肢に入れてみてください。