【ライターの稼ぎ方】どうやって「まずは月5万円」を生み出すか?

how-to-earn-50000yen3

Webライターのスタイルとしては、フリーとして働く方法もあれば、副業で稼いでいく手法もあります。

今回は、初心者向けに「まずは月5万円」を生み出す方法をお伝えします。

この記事を読めば、ライターとして月5万円以上の収入を発生させる考え方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

基本の2stepを踏めば月5万円は稼げる

基本的には、以下の2stepを踏めば、ライターとして月5万円稼ぐことは可能です。

月5万円稼ぐまでの2step

①Webライティングの基本を学習する
②仕事を探す

「たったこれだけ?」

と思う人も多いかもしれませんが、その通りです。

Webライティングを突き詰めていくと、幅広い知識が必要になります。

・SEO(検索エンジン最適化)
・セールスライティング
・各業界の詳細な知識

など、これらの組み合わせによって、より質の高いコンテンツを発信することが可能です。

一方で、SEOの基本さえ学んでしまえば、ある程度の結果は生み出していけるといえます。

なぜなら、Webライティングとは「検索者が検索にかける質問」「コンテンツで答える仕事」だからです。

難しい話になりそうですが、つまり

月5万円までなら、SEOの基礎知識があれば十分稼げる

それ以上の報酬を望むなら、より深い知識が必要になる

このように考えておいてください。

①Webライティングの基本を学習する

Webライティングに必要な基礎知識=SEOの基礎知識を学ぶ方法は、主に以下の2点があります。

Webライティングの基本を押さえた本を読む

以下のシリーズ化された2冊を読めば十分です。

Webライティングのまさしく「基本」を学習できる本です。
著名なSEOテンプレート「賢威」を販売する、株式会社ウェブライダー代表の松尾茂起氏が執筆しています。賢威は、2019年時点で3万人近いユーザーが利用しています。

SEOを「マンガ」で学習できる、マスターピースな一冊です。
前述の通り、SEOについては、現段階で深堀する必要はありません。

この本は、SEOについてマンガ的に構成しているので、2時間ほどで読めてしまいます。Amazonランキングでも総合とニューリリースで1位を獲得しており、これさえ読んでおけば、ひとまず安心という一冊です。

Webマーケティング会社に一度就職する

手っ取り早いのは、一度思い切ってWebマーケティング会社に就職してしまうことです。

僕の場合、一度オウンドメディアを構築するWebマーケティング会社に所属しました。そこで、上記の『沈黙のWebマーケティングを読み、SEOに関する基礎知識を学習していきました。

ちなみに、転職する場合は、転職サイトより転職エージェントを利用するほうが良いでしょう。自分の条件を細かく把握しながら、適切な案件を紹介してくれます。

②仕事を探す

Webライティングの基本的な知識を得たら、さっそく仕事を探しましょう。

実は、Webライティングの仕事はあふれています。初心者ライターは、主に以下の方法からWebライティングの仕事を探しています。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとしては、以下の3つのサービスがおすすめです。

主なクラウドソーシング

サグーワークス
プラチナライターになることで、文字単価1円以上の案件を受けられるようになる。プラチナライターテストは何度でも受験可能。

ランサーズ
国内最大級のクラウドソーシングサービス。多数のつながりが生まれるので、登録するだけでも損はない。

クラウドワークス
ランサーズと同規模のクラウドソーシングサービス。ランサーズと同時に登録しておくべき。

基本的には、まずは文字単価1円以上の案件を狙っていきましょう。

【単価の違いは労力の違い】
文字単価1円3000文字記事の場合
1.0円×3000文字=3,000円
月5万円の目標に到達するには、17記事/月書く必要がある。つまり、1週間に4~5記事以上

文字単価0.5円3000文字記事の場合
0.5円×3000文字=1,500円
月5万円の目標に到達するには、34記事/月書く必要がある。つまり、1週間に8~9記事以上

ただし、実績がないうちは、文字単価1円でも受けられないこともあります。

そのため、できるだけ早い段階で、まずはサグーワークスのプラチナライターに合格しておくことが大切です。

プラチナライターのテストは何度でも受けられます。テストを受けつつ単価の低い案件に挑戦して、フィードバックをもらいながら着実なスキルアップをしていきましょう。

また、クラウドソーシングを利用する順番

サグーワークス

ランサーズorクラウドワークス

にしましょう。利用する順番があるのは、それぞれの運営方法に違いがあるためです。よければ、こちらの記事内「③クラウドソーシングに登録」も参考にしてみてください。

クラウドソーシングで仕事を安定的にもらうなら、プロフィールを充実させることも重要です。

クラウドソーシング用プロフィールを充実させる方法は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Twitterを駆使する

Twitterの検索窓を使って、ライターの仕事を探すことも可能です。

「ライター募集」などは、よく使われる検索用語です。

あとは「○○(←業界やテーマ) ライター募集」などとするのも効果的な探し方でしょう。

沈黙のWebマーケティングには、TwitterなどのSNS運用方法なども掲載されています。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ライターとして稼ぐのに使える3つの営業思考

最後に、Webライティングの仕事でお金を稼ぐうえで、覚えておきたい営業の考え方を紹介します。

基本的な営業の思考なので、これさえ覚えておけば、ライティングで月5万円という目標を達成することはより簡単になります。

もっといえば、月10万、20万…と得られる収入の額も大きくなるでしょう。

大きなお金が動く業界を狙う

Webライティングも超長期的な広告の一つです。

広告には少なからずお金がかかるので、企業としての体力(=予算)がないと、広告に十分な費用はかけられません。

ゆえに、広告に十分な予算を確保できる業界であれば、ライターに支払う報酬も大きくなる可能性が高いといえます。

そのため、より高い単価を狙っていくのであれば、請け負う記事の業界を考えることも大切です。

大きなお金が動く業界としては以下が挙げられます。ぜひ参考にしてください。

大きなお金が動く業界例

・不動産
・株
・ICT
・金融
・コンサルティング
など

すでに広告にお金をかけている企業を狙う

広告にお金をかけているところは、当然広告に積極的です。

特に、Webからの集客に力を注いでいるところには、Webライターとして営業もかけやすいといえます。

「この人に依頼したい」と思ってもらう

ライターも数多く存在しています。数ある中から、自分を選んでもらうには、自分にしかない強みを手に入れることです。

・これまでの経験
・業務に取り組む姿勢
・活かせる知識や思い

など、これまでの自分を活かしながら、真摯にライティングに取り組むことが大切です。

たとえば、何度も転職を繰り返した人がいたとして
その人は一見「すぐ逃げ出す人」のように思われがちですが、それもまたその人だけが培った経験といえます。

「100回転職を繰り返した男が語る、最高の仕事の見つけ方」といった書き口であれば、今度は失敗談を語れる人として、ライティングに活かせるでしょう。

自分には何ができるのかを、改めて模索しましょう。

me

「その人にしか書けない」と思ってもらえたら、それは稼ぐうえでとても価値のあることになります。

ライターとして月5万円稼ぐことは、それほど難しい話ではありません。

これからのWebマーケティングにおいて、ライティングの仕事はあふれているからです。

しかし、決して安請け合いはせず、自身のライティングには誇りを持ちましょう。残念ながら、中には執筆を適当に考える企業やライターもいます。

プライドは有しつつ、それでいて実績は積むという意識があれば、「まずは5万円」はすぐに到達できるでしょう。

スポンサーリンク